〜 おゝしあまのさと 〜

 

ホーム
上へ
笑原神社
比沼麻奈爲神社
籠神社奥宮真名井神社
田口神社
元伊勢外宮豊受大神社

 

 

籠神社奥宮真名井神社

〜 日本屈指の古社にして最大級の聖地〜

真名井神社参道正面

名  称        籠神社奥宮真名井神社
所 在 地        京都府宮津市中野
磐座主座(上宮)    豊受大神(亦名天御中主神・国常立尊)
相  殿      罔象女命・彦火火出見尊・神代五大神
磐座西座(日之小宮)  天照大神・伊射奈岐大神・伊射奈美大神
祝  部      海部氏

御由緒(籠神社編纂による)

 古代丹波の最高神である豊受大神(天御中主神又は國常立尊とも云う)を氏神として戴いて当地方に天降られた天照國照彦火明命は、大神様をお祭りするのにふさわしい神聖なところとして、常世の波の寄せる天橋立のほとりのこの地をお選びになりました。こうして名勝天橋立の北端真名井原に御鎮座、第十代崇神天皇の時に天照皇大神の御霊代が當宮にお遷りになり、吉佐宮と申して豊受大神と御一緒に四年間お祭りされました。元伊勢の御由緒の起こりです。
 天照皇大神は人皇十一代垂仁天皇の御代に伊勢国伊須須川上へ御遷宮になり、豊受大神は人皇二十一代雄略天皇の御代に至るまで當地に御鎮座あらせられ、同天皇の御代二十二年に伊勢国度会郡の山田原に遷らせられました。
 奥宮は今、神代が現代に生きている聖地として信仰者の熱い祈りが日々捧げられています。

建築様式

 真名井神社の本殿は一間社神明造で、屋根は桧皮葺です。 本殿は参道から直接磐座が見えないように建っており、本殿裏手には神様が磐座から社にお移りになるときに使われる神様用の出入り口があります。

真名井神社 背後には磐座がある

 恐らく社殿は最近になって建てられてものでしょう(それでも軽く数百年は経ているでしょうが・・・)。
 真名井神社を語るなら、社殿ではなく磐座を語らなければなりません。神が宿っているとして信じられ、神代から崇拝されてきた岩が社殿の背後にあるのです。向かって右側が豊受大神(天御中主神)の磐座、左側が天照大神・伊射奈岐大神・伊射奈美大神の磐座とされています。

伝聞・異聞

 時は昭和十三年、大本教信者の辻天水氏と三雲竜三氏の両名が真名井神社に参拝した際、三雲氏が突然神懸かり状態となりました。辻氏が審神を行ったところ、三雲氏に降りたのは真名井神社の眷属の龍神であることが判明しました。それ以後、真名井神社の龍神は昭和十八年にに至るまで神示を伝達し続けました。
 これが有名な『龍宮神示』です。
 神示の内容等については割愛しますが、真名井神社の龍神が神示を伝達した事に因んでか、参道には狛犬ならぬ狛龍が睨みを利かせています。(同様の狛龍は籠神社の末社、稲荷神社にもありますが、それは稲荷神社が近年真名井神社から籠神社へ移されたからです。)

狛犬ならぬ狛龍  右側の石に注目

 世にも不思議な狛龍に目を奪われがちですが、傍らにある石ひとつをとっても、磐座と呼んでも何ら差し支えない代物です。恐らくは神社の押さえの役割を担っているのでしょう。

 真名井神社を語るとき、どうしても避けて通れない話題があります。それは下の画像についてのことです。

建立当初はこうだったが・・・・・ :現在はこうなっている

 真名井神社と彫られた石碑の向かって左にある石碑は、伝聞によると地中に埋まっていたものを有志が掘り起こして新しくしたものだそうです。真名井神社の由緒が彫られているのですが、建立当初は上部に籠目紋(六芒星)が刻まれていました。一説によるとこれは籠神社の裏神紋らしいのですが、籠目紋は「ダビデの星」とも呼ばれ、イスラエルの国旗にも描かれているマークであったため大騒ぎとなりました。以来いわゆる『日ユ同祖論(日本人とユダヤ人の祖先は同じであるとする論)』を扱った書籍等では、伊勢神宮の灯籠と並んで「日ユ同祖の証拠」として取り上げられる事となりましたが、風評があまりに大きくなったためか?はたまた野次馬の類が本来の信仰を妨げると判断されたためか?現在では籠目紋は削り取られ、籠神社神紋である三つ巴紋に変更されています。

私的感想

 私が友人に誘われて奈良の大神神社へ赴いたとき、三輪山登山口に鎮座する大神神社摂社の狭井神社の雰囲気が、真名井神社のそれと大変よく似ており驚きました。 誘ってくれた友人を真名井神社に案内した折りに、友人も同様の感想を漏らしていたので、両方の神社を知っている者なら誰もが抱く感想なのだと思います。両社とも原初の祭祀形式を今に伝えている(社殿を拝するのではなく、山や樹や磐を神の依代として拝す)からなのでしょう。

至る所にこの様な立て看板と対人センサーが設置されている

 一帯には、禁足地を示す立て看板と対人センサーがあちこちに設置されています。こうでもしなければ神域が守れない現代社会は病んでいるのではないかと考えさせられます。
 なお、当HPでは真名井神社の磐座の画像は掲載いたしません。撮影に失敗し、写すべきもの、掲載すべきものではないと判断したからです。できれば参拝されることをお勧めします。一通り参拝を済まされたら狛龍を一分間見てみましょう。狛龍が動く様を見られるかも知れません。

ホーム 上へ 笑原神社 比沼麻奈爲神社 籠神社奥宮真名井神社 田口神社 元伊勢外宮豊受大神社